早漏改善薬の特効成分にはダポキセチンがあります。これは有効成分の名前であって、薬の名前はプリリジーです。ダポキセチンが30mgまたは60mg配合されています。
早漏の治療は、現在ではカウンセリングをベースにして薬による治療が一般的ですが、その中で早漏治療薬として唯一国内で認可されているのがプリリジーです。
世界初の飲む早漏治療薬で、大規模な臨床試験によって改善効果が証明されています。世界では60カ国以上で認可されて使われており、安全性の高い薬です。
早漏の診断は、膣内挿入後から休まずに性行為を続けた場合の射精までの時間(IELT)という項目で評価することがあります。
プリリジー60mgを使った時の有効率が約70%で、射精にかかるまでの時間を3倍程度まで延長できるとされています。
効果持続時間は6時間程度で、24時間後には95%が体外に排出されるので体に影響が出にくいです。
早漏を根本的に治す薬ではありませんが、対処療法として使うことができます。
プリリジーは短時間作用型のSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されている薬で、セロトニンの
再取り込みを有効成分が阻害することでセロトニンの量を増やします。
早漏は自律神経のバランスが崩れることで起こるので、セロトニンの量が増えることで副交感神経の働きが強くなり、射精までの時間を延長することが可能です。

勃起は交感神経、射精は副交感神経が指示しているため、副交感神経がしっかり働く状態になれば射精をコントロールすることができます。
SSRIによってセロトニンの量が増えて副交感神経が強く働くことで、早漏を改善することが可能です。
SSRIは抗うつ剤として使われている薬で長時間作用型のSSRIもあります。
こちらも早漏改善効果は期待できますが、性行為の5時間以上前に服用しないと効果が出ないことと、有効率が1割程度と低いことから短時間作用型のプリリジーが使われています。

スーパーカマグラは早漏と勃起不全の両方に効く

早漏は単独で発症することもありますが、初期の勃起不全と併発することも多いです。硬度が低下すると、中折れや射精まで硬さを維持するのが困難といった症状が現れます。
これと同時に感度が高くなりすぐに射精してしまう早漏もこの時期に発症しやすいため、硬さが保てないことと継続時間不足の両方に悩むケースが多いです。
そこで開発されたのが、勃起不全治療薬の成分に早漏改善効果があるダポキセチンを配合した薬です。
安定した勃起力と持続時間がつくのがスーパーカマグラという薬で、勃起不全に悩んでいて、なおかつもう少し持続時間が欲しい男性に向いています。
服用から約1時間ほどで硬度と持続時間の両方の効果が期待できます。
セックスのパフォーマンスを高めてくれるので、完全に勃起不全ではない男性でも服用可能です。
先発のプリリジーや勃起不全治療薬は1錠あたり1000円以上する高価な薬ですが、その成分を両方配合しているにもかかわらず、スーパーカマグラはWジェネリックなので先発品の合計額の10分の1程度の値段で購入することができます。

スーパーカマグラは頻繁に服用したとしても、効果が出にくくなることはありません。むしろダポキセチンは継続的な使用で射精までの時間が次第に延長すると言われています。
勃起不全治療薬の成分も長期使用で血流改善効果が期待できます。スーパーカマグラと同じく、勃起不全治療薬の成分とダポキセチンが両方配合されているのがタダポックスという薬です。
スーパーカマグラとは違うベースの勃起不全治療薬の成分が配合されています。勃起不全への効果は約36時間続きますが、早漏防止に対しての効果は4~5時間しか続きません。タダポックスは効果が出るまでに時間がかかるので、性行為の2時間前に服用して使います。