男性は、加齢とともに勃起不全となる可能性は高くなりますが、それだけが原因ではなく、病気やストレス、不規則な食生活や運動不足などの要因で引き起こされることもあります。
勃起不全は器質性EDと心因性ED、それらを合わせ持った混合性EDに区別できます。
器質性EDとは、動脈硬化、外傷や手術、神経障害、ホルモン異常などを原因として、陰茎の血流が悪くなることによって引き起こされる勃起不全であり、具体的な要因は次のとおりです。
動脈硬化は、年齢、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)、喫煙などの要因で動脈が硬くなる病気ですが、進行すると動脈の内部が細くなり血液の流れが悪くなりますから、勃起不全を引き起こします。
したがって、勃起不全を発症することは、動脈硬化のサインであるとも言えます。
外傷や手術によって、勃起不全を引き起こすのは、例えば、骨盤や脊椎の損傷を受けたことによる血管や神経の損傷、また、前立腺や直腸、膀胱など骨盤内の臓器の手術を受けた場合などが考えられます。
勃起は副交感神経の興奮によって起こりますが、神経障害による勃起不全は、糖尿病性神経症、パーキンソン病、脳卒中など、神経に悪影響を及ぼす病気で引き起こされます。
男性ホルモンとして有名なテストステロンは、筋肉増強に加え、積極性を高めたり血管機能を正常に保つ作用がありますが、年齢やにストレスにより減少傾向にあります。
しかしながら、過度なストレスなどにより、急激に減少してしまうと勃起不全を引き起こします。

これらの器質的な原因に心当たりがないにもかかわらず勃起不全の症状を訴える人の大半が心因性EDであり、深層心因タイプと現実心因タイプの2つに分類することができます。
深層心因EDは、幼少期のトラウマや肉体的・精神的なコンプレックス、過度なプレッシャーが原因とされていますが、非常にデリケートな症状であり、カウンセリングなどメンタルケアが必要です。

それに対して、現実心因EDは、恋人や妻とのトラブル、仕事や社会生活の中で溜まっていくストレスや過労などが原因で引き起こされるものです。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っていますが、ストレスや過労が溜まると交感神経が勃起に必要な副交感神経よりも強く働いてしまうため勃起不全になります。

混合性EDは、病気などを要因とする器質性EDやその病気を発症したことに対する不安やストレスから、心因性EDを引き起こしてしまうことです。
したがって、混合性EDでは、勃起に必要な起こすのに必要な器質的な要素と精神的な要素の両方が欠落した状態ですから、その両方にアプローチする治療が必要です。

自分がどのEDタイプかまずはセルフチェック

勃起不全は、全く勃起しない症状だけを指すものではなく、勃起した状態での維持力、性交の満足度などによって判断されます。
そのため、統一的な基準である国際勃起機能スコア(IIEF短縮版)によってEDの度合いをセルフチェックすることができます。

  • 勃起してそれを維持する自信はどの程度ありましたか
  • 性的刺激によって勃起した時、どれくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか
  • 性交の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか
  • 性交の際、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか
  • 性交を試みた時、どれくらいの頻度で性交に満足できましたか

これらの項目について、満足度の高いものを5点として、それぞれ5段階で評価し、セルフチェックの結果、22点以上であれば問題ありませんが、17から21点で軽度、12から16点で軽度ないし中等度、8から11点で中等度、5から7点で重症、1から4点でEDの疑いありと判定できますが、セルフチェックは確定診断ではありません。
あくまでも参考であり、専門医に相談する際に持参しておくと、スムーズに診察を受けることができるものです。
国際勃起機能スコアによって、EDの度合いをセルフチェックすることは可能ですが、自分がどのEDタイプかを判別することはできません。

そこで参考となるのが、医療機関などで判定している方法です。
その方法とは、早朝勃起やマスターベーション時の硬さが十分であれば、勃起機能そのものには問題はなく精神的なものが原因と考えられますから、心因性EDと推測します。
反対に早朝勃起やマスターベーション時の硬さが不十分である場合には、勃起力そのものが低下していると考えられますから、器質性EDと推測することができます。
セルフチェックは、あくまでも自分で判定するものですし、混合性EDまで正確に判定できるものではありません。
したがって、少しでも不安や異常を感じたら、速やかに専門医に相談することが大切です。

ED治療薬について

勃起不全の治し方には、薬を使ってEDを治す方法があります。
ED治療薬は様々な種類が存在して、世界初に開発されたバイアグラは画期的なED治療薬として世界中で使用されました。
それを始め、バイアグラと並ぶ認知度があるレビトラ、シアリスなどが続々と誕生しました。
また、ジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼ばれる新薬(バイアグラなど)と同じ有効成分、同じ量で作られています。
同じ効果を持ち合わせながら、新薬よりも薬の値段が安いのが特徴的です。
ED治療薬には主に病院での処方か海外の通販サイトを利用します。
海外の通販サイトでは病院の処方よりも安価に入手できるのが特徴ですが、中には偽物のED治療薬が出回っているので、安全に手に入れたい方は病院での処方を受けた方がいいでしょう。

ED治療の専門クリニックについて

ED治療は主に泌尿器科でも受けられます。
また、ED治療を専門にしている外来もあります。
ED治療の詳しい内容は下記サイトを参考にしてください。
ED治療について