勃起しないのが原因でセックスレスになってしまう夫婦は多いようです。
勃起しないことは主に男性のほうに原因がありますが、女性は「自分に魅力がないのかもしれない」と自信をなくしてしまうこともあります。
セックスレスになってしまったり、自分の魅力を引き出してくれる男性のほうへ行ってしまうこともあります。
夫婦生活の中で、勃起ができないということはだれにでも起こりうることです。
仕事でストレスが溜まっていたり、体調を崩していたり、必ずしも病気が原因であるとは限りません。
疲れやストレスで勃起ができなくなることもあります。
勃起ができないときでも、パートナーと十分にコミュニケーションをとるようにしておきましょう。
会話が足りないために、パートナーを不安にさせてしまうこともあります。
仕事で疲れているとか、ストレスが溜まっているなどと説明をすることで、パートナーは自分が原因ではないと安心をするでしょう。
勃起ができないときでも、スキンシップをとることはおすすめができます。
お互いの身体を触りあってスキンシップをとるだけでも夫婦生活がよりよいものになる可能性が高まります。

勃起ができない状態が長期化している場合には、病院で相談をしてみましょう。
ED治療薬を処方してもらえる可能性もあります。
ED治療薬を使えば一時的には勃起ができるようになりますが、根本的な治療とはならないということも理解をしておきましょう。
根本的にED治療をするには、ストレスをためない生活をしたり、食生活を改善したり、勃起ができなくなっている原因を改善しなければなりません。
パートナーの協力もかかせないので、病院の先生はもちろん、パートナーにも相談をしておくようにしましょう。
精力アップに効果があるサプリメントなども試してみましょう。
ED治療薬は一時的に勃起を促す効果があるだけですが、サプリメントなどは総合的に健康になれるという効果が出ることがあります。

ED治療はパートナーと協力して行う

セックスレスになる原因には、パートナーとのコミュニケーション不足も関係しています。
勃起ができないために、パートナーからひどい言葉をかけられて、それが原因でますます勃起ができなくなってしまうということもあります。
パートナーからひどい言葉をかけられたことがトラウマになり、その後もずっと勃起ができなくなるという人はいます。
そういったケースでは、成功体験を少しずつ積んでいくことが大切です。
パートナーに協力をしてもらって、軽いスキンシップからもう一度始めてみるということも良いでしょう。
男性のほうが女性にひどい言葉をかけてしまい、女性のほうにもトラウマを残してしまうことがあります。
勃起ができないときにはセックスがうまくいかず、イライラしてしまうこともあるかもしれません。
そんなときでも、パートナーとのコミュニケーションをしっかりととって、協力をして乗り越えていくようにしましょう。

普段の食生活はパートナーに頼っているという男性は多いです。
精力アップに効果がある食材を料理に使ってもらうなど、栄養面でも工夫をしてもらうと良いです。
精力をつけるにはスクワットなどの下半身運動が効果的であるとよく言われています。
下半身の筋力をつけることで、セックス時に疲れにくくなります。
持続力をつけるにはウォーキング、ランニングなどの有酸素運動もおすすめです。
有酸素運動は20分以上は続けないと意味がないと言われていますので、時間がないときにはスクワットなどの短時間でも効果が出る運動をやるようにしましょう。
パートナーと一緒に朝のランニングをするということも、夫婦生活をよりよくできます。
パートナーにも理想的な体型を維持してもらうことで、夜の営みが楽しいものになるでしょう。