男性の勃起力は20代がピークだと言われています。30代から40代になりますと、以前のようなみなぎる精力をほとんど感じなくなります。いわゆる性欲の減退を、多くの男性はその年代に実感します。
若い頃は本当に毎日のようにセックスの欲求があり、実際に恋人やパートナーの女性と頻繁に性生活を送っていたものの、30歳から40歳のステージになりますと、毎週に一度のセックスがやっと、そんな状態になります。
ただし、性欲が完全が失われておらず、あるいはセックス欲は若者並にあるのに、体が言う事をなかなか聞いてくれず、浮気相手や風俗嬢とベッドに入っても、肝心の下半身が勃起せずに困る、という悩みに苦しんでいるアラサー、アラフォー世代の男性もいます。
また最初の間はペニスが男らしく勃起するが、いざピストンを繰り返すと中折れに襲われる、という方もいます。

中折れに効くお薬ですが、バイアグラやレビトラいったED治療薬がオススメです。共に日本人の中で愛用者が多いED治療薬であり、バイアグラとレビトラには素早く効果を生じさせるメリットが備わっています。
バイアグラやレビトラは即効性があり、特に中折れの予防に効果的です。服用後、両者とも30分位でペニスを逞しく勃起させ、効果が続く5時間から6時間の間にかけて中折れを抑止しますので、安心して女性と甘い夜を過ごせます。
中折れは男性にとって大きなストレスです。レビトラやバイアグラの効果を得ることで、また亀頭や陰茎が硬く最大限のサイズまで勃起しますので、浮気相手の若い女性や経験豊富な風俗嬢に対しても、一味違ったワイルドなテクニックを披露出来るようになります。
亀頭が硬く勃起し、陰茎全体がボリュームアップすれば、ピストンされる側の女性の快楽も増します。また中折れが無くなる事で、プレイの真っ最中にコンドームを外したり、再び勃起させてもらうために女性にペッティングをお願いする等、面倒な手間や情けない状態が減り、性生活が快適になります。

妻に内緒のセックスは罪悪感から勃ちにくいことも

ただ根本的な理由として、加齢やストレスの影響の他に、罪悪感からペニスが勃起し難くなっている可能性も考えられます。
妻に内緒で風俗嬢と遊んでいる事、あるいは若い女性と浮気を満喫している事、それは男性本人にとってなかなかの罪悪感になります。
たとえ一切その事が妻にバレていない、あるいは容認されていたとしても、妻に内緒で別の女性と、セックスを楽しんでいる事に一抹の不安や緊張を覚えるのは、不思議な事ではありません。
罪悪感は最も人の心を痛めつけるものです。罪の意識を感じた人は、精神的に不安定になり、本来持っているはずのポテンシャルが文字通り半減します。
罪悪感のストレスから、本来であれば満足に勃起させる男性機能があるにも関わらず、浮気相手とのセックスや風俗店でのプレイの時に、中折れに苦しむ、という症状が起きます。
心因性の問題はなかなか改善が困難です。しかし、ストレス由来の中折れについても、バイアグラとレビトラが上手く克服させてくれます。
行為を始める1時間前に、服用を済ませておけば、性的な刺激を受けることで、下半身がみなぎるような勃起力を得ます。

バイアグラやレビトラは小型のお薬です。
そのため、風俗嬢と遊ぶ時や浮気相手と温泉などに出かける時なども、こっそりとポケットなどに忍ばせておけます。
普通の風邪薬と同じく、水さえあれば、どこでも飲めます。ホテルの洗面所でこっそりと服用を済ませば、中折れを気にしている事が相手にバレません。
レビトラ、バイアグラの効果はとてもスピーディーに作用します。若い方であれば、本当に15分から20分程度でペニスがセックスに適した状態に改善します。
効果は数時間にわたり、継続しますので、一回戦はもちろんのこと、精力が続くかぎり、二度三度と複数のプレイが味わえます。