セックスの際、いざというときに勃起しないという男性は決して少なくありません。実際に年齢やストレス、性行為に対するコンプレックスによって身体が正常に反応しなくなり、勃起不全の症状を引き起こしています。
ネットで情報を集める男性原因をつきとめていくことは大切ですが、まずは勃起がどのようなメカニズムで起こっているのか理解していくことがポイントとなります。ある程度の知識を身に着けることが出来れば自分の勃起不全がどの程度進行しているのかを把握することが出来ますし、具体的に原因を突き止めることもできます。
治療に向けて前向きになれるという点では、こうした情報の確認が肝心です。まずはネット情報や周りの人間に相談を持ち掛けることで正しい情報を手に入れていくことからはじめていきましょう。

勃起しないと悩む男性は意外と多い

落ち込んでいる学生勃起しないという悩みを抱える男性は決して少なくはありません。体質的な問題で勃起しない状態が誘発されている場合、年齢による体力の低下などが原因として挙げられます。ただすべての原因がそうというわけではなく、年齢も関係なく、比較的若い年代でも勃起しないと悩む人が増えているのが現状です。
もはや勃起不全の症状は年齢の問題ではなく、他の原因が考えられるというわけです。では、具体的にどういった原因が考えられるのでしょうか。まず考えられるのが精神的なストレスが要因となっているケースです。

過去のトラウマが勃起不全の原因となることも

過去の性行為でのトラウマや男性器に対するコンプレックスなどによってストレスが蓄積され、それが体質的な問題としてあらわれてくるわけです。コンプレックスのある人であれば尚のこと、実際の性行為の際に緊張の度合いが増します。
これがさらに不安をあおり、結果的に興奮しても勃起しないというケースが引き起こされていきます。
こうした経験が一度だけだったとしてもきついものがありますが、何度も重なった場合、さらにトラウマが強いものとなり勃起不全の症状が顕著にあらわれるようになるため注意が必要です。

機能的な問題で勃起できないことも

そもそも、男性は性的な興奮を覚えたとき、脳内で興奮物質が分泌されることになります。それが神経に作用して男性器の動脈を太くしていきます。この太くなった動脈に血流が流れ込むことによって勃起が促され、その状態が射精に至るまで維持されることになります。
本来こうした脳内物質の働き、神経や血管、血流の変化によって男性の勃起は促されていきます。では、これが精神的なトラウマやストレス、加齢によってうまく機能しなくなった場合はどうなるのでしょうか。
結論から言えば、まず脳内物質が分泌されたとしてもその時点で男性器部分の動脈がうまく反応しません。純粋に年齢によって動脈硬化が進み、脳内物質による変化に対応できないケースも出てきます。
そして、血流に関しても、高血圧や糖尿病、高脂血症などの人は興奮状態に合わせた変化が出にくく、結果として勃起不全の症状があらわれていくわけです。勃起不全が起きるとそもそも性行為が出来ない、挿入が出来ないケースが多くなります。
それが性行為に対する苦手意識をさらに強くして悪循環を招く可能性があります。さらに、ここで注意が必要になってくるのが、マスターベーションの内容です。

マスターベーションと勃起不全の関係

性行為に対して苦手意識が強くなったからと言って、マスターベーションの頻度が多くなると勃起不全の症状が進行してしまう可能性があります。
マスターベーションは男性が自分の手で男性器に刺激を与えることになるため、知らず知らずのうちに強い刺激に男性器が慣れてしまい、それ以外では満足できなくなっていきます。
気が付いた時には女性とのセックスでは射精が出来なくなるほど、勃起不全の症状が進行してしまう可能性もあるわけです。
もちろん、すべての人がそうというわけではありませんが、勃起不全かもしれないと感じた時にはそれ以上症状が進行しないように自分でも意識を変えることが大切です。
そして何より大切なのが、勃起しないことを誰にも話さずに自己解決しようとしないということです。勃起不全は自分一人で考えていても解決できるような問題ではありません。
軽度のものであれば生活習慣の改善で幾分症状が緩和されることもあるかもしれませんが、より確実な方法をというのであれば医療機関を受診してしっかりと治療を受けていくのがベストです。
変に症状を進行させる前に、そしてパートナーである女性に幻滅されることのないように自分から解決の道を探すことが大切です。勃起しないからといって性行為自体をあきらめるのではなく、それを解決して満足のいく性行為が出来るようになるために行動していきます。
意識を少し変えるだけでも男性の勃起不全は解決することが出来るわけです。

勃起しない原因はストレスがほとんど

ストレスがたまっている男性勃起しない原因は先にも挙げたように年齢的な問題、病気、元々の体質などが挙げられますが、ほとんどのケースではストレスが関係しています。ストレスの内容はそれぞれで異なってきますが、毎日の仕事や私生活によるストレス、性行為に対するトラウマ、自身の体形、男性器に対するコンプレックスなどが挙げられます。毎日の仕事や私生活によるストレスは睡眠や何かしらのリフレッシュによって解消していくのがベストなのですが、中にはそれが難しいという人もいるでしょう。
そういった場合、知らず知らずのうちに体の中に疲れやストレスが蓄積されていくことになります。疲れが積み重なれば身体がだるさを感じたり、食欲がなくなったりといろいろなトラブルが起こるようになります。
この流れで体質にも変化があらわれ、結果的に男性器部分の動脈に異変が起きる、あるいは血流のコントロールがうまくできなくなっていきます。性行為に対するトラウマの場合もそれは同様です。

ストレスが原因であるときの対処法

男性が勃起するメカニズムの過程で、体の機能が十分に働かなくなり、その結果勃起しない状態が引き起こされます。そもそもこうした性行為に対するプレッシャーを軽減するために、ストレスをため込まないために工夫が必要になってくることもあります。
例えば、仕事で疲れている時にはできるだけセックスをしないようにする、体調不良や気分が乗らない時には無理をしない事、たったこれだけのことでも性行為に対するプレッシャー、ストレスを軽減していくことが出来ます。
もちろん、セックスは強制するものではありませんし、パートナーとの相性、合意が合ったときにはじめてできるものです。勃起しなかったとなれば男性としてはプライドが傷つけられることになりますし、大きなショックを受けることになります。
ただ、だからといってパートナーである女性に何も伝えないままそれを隠してしまうのは危険です。その行為自体が互いの信頼関係を損ねてしまう可能性が出てきますし、女性は女性なりに不安を抱えてしまうことになります。
こうした事態を防ぐためにも、セックスの時には無理をしない事、そしてたとえ勃起不全の症状があらわれたとしても素直にそれを受け入れることです。必要に応じてパートナーである女性に勃起できなかった旨を伝えていきます。
そこで関係が崩れるようであれば所詮その程度の相手だったということです。寧ろ、しっかり相談したうえで解決の道を二人で探していくことができれば、より一層深い関係を築いていくことが出来ます。

ひとりで溜めこまず、正しい知識を持った理解者を

ストレスが原因の勃起不全の場合、誰かしら相談できる相手を見つけておくことが大切なポイントとなってきます。それは男友達や家族、兄弟でもいいですし、それこそパートナーである女性でも構いません。
要は自分一人で抱え込まないことが第一となってくるわけです。一人で考えていてもろくな事にはなりません。
個人的な見解だけで物事を進めようとするとそれだけで失敗を招くリスクが高まりますし、ネット情報など間違った情報で治療がますます遅れてしまう恐れもあります。
ネット上の情報は正しいものももちろん含まれています。とはいえ、すべてを100パーセント信用してもいいのかと言われればそうではなく、中にはでたらめの情報も含まれているということを押さえておきましょう。
まずは勃起不全について正しく理解していくこと、そのメカニズムをしっかり理解することで初めて、症状を改善するために何が必要になってくるのかわかってきます。
普段の食生活、睡眠時間や生活習慣を改善していく他、プラスαで治療に取り組むことで勃起不全の問題もいち早く解決していきます。
これだけのことを知っておくだけでも安心ですし、勃起不全は決して治らないわけではないこと、この点だけでも精神的ストレスを軽減していくことが出来ます。

そもそも勃起はどんなメカニズム?

そもそも勃起はどういったメカニズムで起こっているのでしょうか。これは先にも挙げたように男性の体の中で起こる反応によっておこっていきます。視覚や聴覚から入った刺激で男性は性的興奮を覚えます。この時、脳内にある物質が分泌され、それが神経を通して男性器の器官に伝わって体内では一酸化窒素が発生していきます。
一酸化窒素と聞くと疑問に思われる人もいるでしょうが、実はこの物質こそ、勃起を促すために欠かせないものとなります。一酸化窒素はその作用で陰茎海綿体を血流を通しやすい状態にしていきます。
男性器にある動脈は大きく膨張し血流自体を多くしていこうとします。この陰茎海綿体は細い毛細血管が集まったスポンジ状の器官なのですが、通常時は平たく微量の血液だけが流れています。それが勃起状態になると血管を膨張させ血流を流れ込みやすい状態にしていくので、必然的に勃起の硬度を保つことができるわけです。
勃起によって男性器が硬くなるのはこのためです。本来、この勃起状態は男性が射精するまで継続することになります。これが正常な状態の勃起のメカニズムです。勃起によって皮膚が伸びきった状態の男性器は外部からの刺激によって快感を得やすくなります。

血流と勃起の関係

また血流が良くなることでも刺激を受けやすくなりプラスの効果が高まります。男性器が勃起して射精に至るまでのメカニズム、これがなければ射精もままならないこともあるため注意が必要になってきます。特に、ED、いわゆる勃起不全の人の場合には正常な勃起中に比べて外部からの刺激を感じにくい状態です。
もちろん、最終的には射精が可能ですが、これもEDの症状が悪化していくと射精自体に問題が起きる射精障害を併発することになります。射精障害の中には遅漏や膣内射精障害などがありますが、どれもがEDの延長線上で起こりうるものばかりです。
EDだけであればまだ治療の負担も少なくて済みますが、EDにプラスして射精障害も併発しているようであればプラスαの治療が必要になってきます。自分自身にEDの症状があらわれているという場合には、どの程度まで症状が進んでいるのかある程度チェックしていくのもおすすめです。

勃起不全を治すなら早めの行動が鍵

ここで挙げた勃起のメカニズムをある程度理解していればそのチェックもしやすくなります。勃起について悩みを抱えている人は決して少なくない、これは先にも述べましたが悩みの内容をそのまま相談したり、治療に取り組んだりしている人は決して多くはありません。
やはり男性には男性なりのプライドがありますし、勃起不全は恥ずかしいことという認識が未だ根強いのがその理由として挙げられます。ただ、こればかりは早く行動するに越したことはありません。
長い間、勃起について悩み続けるとなれば本人もつらいですし、何より周りの人間が必要以上に気を遣うおそれもあります。パートナーである女性はもちろんのこと、周りの人間に変に気を遣わせないためにも、悩みの種は早めの段階で摘んでおきましょう。
勃起のメカニズムを理解することが出来れば、おのずと自身の生活習慣が勃起不全、EDに関係しているのかどうかがわかります。実際、ちょっとした睡眠のスタイルを変えたり、あるいは仕事への付き合い方を変えることで症状が緩和されるというケースも少なくありません。
もちろん、すべての人がそうというわけではありませんし、これはごくごく軽度の人の場合です。とはいえ、何もしなければその改善もみられないわけですから、やってみるに越したことはありません。
具体的には体質改善のために外食を控えて自炊を心がけるようにする、どんなに忙しくても睡眠時間だけは毎日同じ分だけ確保するようにするなど、それぞれの生活に合わせて目標を設定してくといいでしょう。
これで必ず勃起不全が治るというわけではないものの、治療の前の対策としてはおすすめです。